加齢黄斑変性症予防に効果のあるサプリメント7選

iPS細胞を使った加齢黄斑変性症の治療とは?

ips細胞

山中伸弥教授のノーベル生理学・医学賞受賞によって一躍有名になったiPS細胞は、今後の医療の発展に大きな役割を果たすことが期待されています。
そんなiPS細胞が、加齢黄斑変性症の治療にも使われようとしているんです。iPS細胞による加齢黄斑変性症の治療とはどのようなものなんでしょうか。

 

iPS細胞とは

まず初めに、iPS細胞についてご説明しておきましょう。
iPS細胞は、人工多能性幹細胞とも言われます。これは、人間の皮膚などの体細胞に、わずかな数の因子を導入して培養する事で変化する、多能性幹細胞の事です。多能性幹細胞とは、色々な組織や臓器の細胞に分化する事が出来る、基になる細胞の事で、ほぼ無限に増殖する能力を持っています。これを人工的に作り出すので、人工多能性幹細胞と言うんですね。

 

英語にすると「induced pluripotent stem cell」となるので、頭文字を取ってiPS細胞と呼ばれます。体細胞が多能性幹細胞に変わる事をリプログラミングと言いますが、山中教授のグループが発見したリプログラミングの技術は、再現性や難易度の観点からとても画期的なものであり、それが評価されてノーベル賞の受賞につながりました。

 

iPS細胞による加齢黄斑変性症の治療方法

現在の加齢黄斑変性症の治療法の主流である抗VEGF療法は、加齢黄斑変性症の原因となる新生血管の増殖や成長を抑えるという方法なので、視力の維持や改善には効果を発揮しますが、根本的な原因を取り除く事は出来ません。

 

また、加齢による萎縮型の加齢黄斑変性症については、有効な治療法自体が開発されていない状態です。iPS細胞を使った加齢黄斑変性症の治療では、iPS細胞を使って作成した網膜色素上皮細胞が入った懸濁液や細胞シートを使い、それを目に生着させることで視細胞を安定させて目の機能の回復を図ります。
こういった方法で、加齢黄斑変性症を根本から治療しようというのが、iPS細胞を使った加齢黄斑変性症の治療法なんです。まだ、この治療法は実用化のための研究や臨床試験が進められているところですが、今後の研究の成果が俟たれます。

 

1例目の患者の経過

このiPS細胞を使った加齢黄斑変性症の治療は、すでに臨床試験が行われています。
その試験は、2014年の9月に加齢黄斑変性症を患っている70代の女性患者に、iPS細胞から作った網膜色素上皮細胞シートを移植する形で行われ、大きな話題になりました。この患者の手術後の経過は非常に順調で、拒絶反応なども起きておらず、手術後は矯正視力が安定しているそうです。

 

この患者はiPS細胞を使った治療を行う前は、抗VEGF療法を10回ほど続けていたそうですが、それでも視力は落ちていたとのことです。移植したシートは、1年経っても生着が確認されています。この手術の結果は、3年間の追跡調査の後に出されますから、まだ少し時間はかかりますが、今のところ、かなり期待できる結果になりそうです。
ちなみに、この手術を行ったのは理化学研究所の高橋政代プロジェクトリーダーという方で、この功績によって2015年9月8日にアメリカグラッドストーン研究所が再生医療の進歩に貢献した研究者のために創設した「オガワ・ヤマナカ幹細胞賞」の第1回受賞者になる事が決まりました。

 

周囲の環境整備

このiPS細胞による加齢黄斑変性症の治療の実現には、周囲の環境を整備する事も必要不可欠です。法律面では、薬事法の改正による「薬機法(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)」の誕生によって、再生医療のスピーディーな承認を実現する環境整備が整い始めています。

 

ただ、iPS細胞を使った再生医療では、がん化・腫瘍化のリスクが懸念されます。高橋政代プロジェクトリーダーによると、網膜色素上皮細胞は多少の遺伝子変異があっても腫瘍にならない特殊な細胞なので、その心配はほとんどないとのことですが、リスクを恐れて再生医療に反対する人もたくさんいます。iPS細胞による加齢黄斑変性症の治療の実現には、社会の理解も必要になってくるんです。